小顔に憧れる人必見【選ばれている施術がボトックス】

メスを使わない施術

医者

安心して施術を受けられる

ボトックスは筋肉の動きを抑制する効果があるので、その作用を上手に使って様々な美容効果を出すことができます。顔に行う施術で小顔効果を出すのが、エラが張っている部位にボトックスを使う方法です。この施術はエラの筋肉の一部を抑制し、数カ月間その状態を維持させることで筋肉を細くすることで小顔効果を出します。小顔にするための施術というと、顔の骨を削るなど大掛かりな施術が必要になると思われることが多いのですが、ボトックスは注射をうつだけで効果を出せます。骨を削る施術の場合には入院をしてメスをつかった手術が必要になるので、かなり大きな覚悟が必要になります。それに比べて注射をうつだけの施術は数十分の施術時間だけですみ、副作用もほとんどありません。傷みもメスを使うものに比べると、針を刺す時と薬剤が注入される時だけなので施術後にも傷みが続くということがなく苦痛が少ない施術になります。このように体に対する負担がかなり軽いということで、いままで整形手術に興味がなかった人でも気軽に施術を受けられます。中には初めての施術がボトックスだったという人も大勢います。整形に抵抗があった人でも注射をするだけの施術であれば抵抗感なく受け入れられますし、その後何度も同じ施術を受ける人もいます。それだけ気軽に受けられるのは、痛みなどの副作用がないだけでなく、メスを使わないというところが大きなポイントなのでしょう。ここまで簡単な施術でありながら、大きな効果を出せるということで、ボトックスで小顔効果を出す施術を希望する人の数は増え続けています。ボトックスを使った施術とメスを使った施術法の大きな違いは、施術後に状態が元に戻るかどうかです。メスを使って顔の骨を削る施術は一度受けると、元に戻すことはほぼ不可能です。一度削ってしまった骨を戻すことはできないので、もしも結果に満足できなかったとしても、顔を戻すことができません。それに比べてボトックスは時間が経つと薬剤の効果が薄れてくるので数か月後には元の状態に戻るのが普通です。ボトックスの効果が持続するのは数カ月間のみなので、もしも結果に満足できなかったとしても効果がなくなるのを待っていれば、自然と元の状態に戻すことができます。もし、小顔効果をもっと長く持続させたいと思った時には、もう一度施術を受けるなど効果を長続きさせる方法があります。なんどか繰り返し施術を受けていれば、エラの筋肉が細くなったままで維持されることもあるので、ちょうど良い状態をキープすることもできるようです。同じようにボトックスを使った施術でも使い方によって効果が続く時間などには違いがありますし、個人差が大きいので自分の体質によって施術回数や頻度を変えることが重要です。自分に合った方法で施術法を調整することで、自分が希望する顔に近づけることができ、もし失敗だと感じた時には、繰り返し施術を受けないようにすれば元に戻ります。このように、自分で微調整をしながら好きな状態に近づけることができるのがボトックス小顔の特徴です。試しに施術を受けてみるという方法がとれるので、不安が強い人でも安心して施術を受けられるでしょう。